きものアレコレ病院

ちょっと寄り道、散歩道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さすが!露草に雨はお似合い

梅雨に入ってから降りそうで降らなかった雨。ここ2日ほどようやく水の恵みに授かったものの、
また梅雨の中休みだとか。出かけるのにはありがたいけど、雨も降らないと困ることもあるし、
ほどよいバランスって難しいですね。
自然のことは〝神のみぞ知る〟ってことかしら。
露草って名前の通り本当に雨が似合いますね。水の粒が葉や花に球を描いて光っています。

露草に雨はお似合い

こんな日は、早めに用事を片付けて音楽に耳を傾けたくなります。
私のオススメはショーロクラブの「武満徹ソングブック」。
難解なイメージをお持ちの方もおられる作曲家かと思いますが、題名通り歌の特集で、谷川俊太郎ら
による作詞と多彩な歌い手たちとのコラボレーションによって、魅力あふれる1枚となっています。
私はこれぞこれからのスタンダードとして残っていく曲ではないかと思いながら、いつも聞いております。
興味を持たれましたら、ぜひ聞いてみてくださいね。

武満徹ソングブック


  1. 2014/06/14(土) 13:53:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野菜の花特集!

いろいろな花が咲き始めました。これが実になると思うと愛おしくなりますね。
同時に雑草も増え放題で、毎日草むしりに勤しんでおります。
中には抜くのにはかわいそうになるくらいの花を付けるものもありますけどね。
なんとか無事に育ってくれることを祈るばかりです。
と思った矢先に、一番よく育っていたきゅうりの茎を折ってしまいました。
蔓を網に絡ませようと触っていたところ、ちょっと無理したみたいで先の方がポキンっと・・・。
あ~、どうなるかしら・・・。

トマトの花
トマトの花

ピーマンの花
ピーマンの花

ナスの花
ナスの花



  1. 2014/06/04(水) 17:38:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

露の縁取り

露の縁取り

あまりにもきれいに露が点々と葉っぱを縁取っていたので、思わず写真を撮ってしまいました。
なんだかドレスアップしたような感じでかわいいですね。

きゅうりの実が育ってきました

きゅうりの実がこんなに育ってきました。写真では大きさはわかりにくいですが、まだ〝もろきゅう〟くらいです。
成長が楽しみです。



  1. 2014/05/28(水) 13:11:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季最後のテールスープ

もう初夏かという時期ですが、今季最後のテールスープを作りました。

テールスープ

こういう煮込み料理をしたいがために、調理のできる石油ストーブを購入。カレーやおでんで活躍しました。
しかしさすがにもう暑い!!
下茹でしたり血抜きしたり手間はかかりますが、ひたすら煮込むだけでおいしいスープができるので、うちでは人気メニューです。
翌日は残ったスープでクッパというかおじやというか、ご飯を投入して完食しました。
ストーブさん、お疲れ様。次の時期までばらくお休みしてくださいね。


  1. 2014/05/26(月) 17:17:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きゅうりの花とオススメTV番組

5月3日に植えた野菜の苗たち。トマトやナスも順調に育っていますし、きゅうりの花が咲きました。
これがきゅうりの実へと成長していくのですね。あたりまえのことですが、こうやって実際に体験すると、小さな感動も嬉しさひとしおです。

きゅうりの花が咲きました

ここからはオススメTV番組を一つ。
木曜日の夜11時からNHK Eテレで放送されている「ミュージックポートレイト」。
ゲストの2人が人生の節目で出会った音楽を10曲選び語り合うという内容です。
「歌は世につれ、世は歌につれ」と言いますが、この番組を見ていると、歌って本当にその時代のことを思い起こさせるなと感じます。
そしてゲストの人生を想像すると同時に、自分の歩みまでも重ね合わせてみたり・・・。
10曲目は毎回「人生の最後に聞きたい曲」なのですが、私だったらなんだろうと毎回考えてしまいます。

でもこれって〝きもの〟にも共通するところがあるんですよ。
1枚1枚のきものに、それぞれ「これは母とパリ・オペラ座の公演の時に着た訪問着だな」とか「これは友人と勘三郎の襲名披露興行の時に着た紬だな」
という思いがつまっていて、きものを見るとその時の情景が頭に思い浮かぶのです。まさに「きものは自分史の一部」ってところですか(ちょっと大袈裟かしら・・・)。
そんな風にきものがみなさんの思い出作りの役に立てば、きものに携わる者としてはうれしいですね。


  1. 2014/05/16(金) 14:10:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。